言語切り替え

【2020】ヨーロッパ大学院進学でおすすめな学費/費用が安い大学と奨学金を紹介【6カ国ガイド】

こんにちは!朝起きるといつも片方だけ靴下が脱げているサクライパンダ(@Pandasakurai1)です🐼 

この記事がおすすめな人

ヨーロッパにある大学院で学費が無料、又は費用が安くすむ1番最新の情報を知りたい、海外大学院を考えているけど学費がほぼかからないところがいい、ヨーロッパ大学に進学してから大学院も考えている、海外大学院に興味がある、現在海外大学に留学中で大学院も海外に進学を考えている等

この記事では、2020年4月時点で収集できたヨーロッパ大学院でおすすめな学費が無料、又は生活費等が安く済む大学がある国」の最新情報をまとめて、それぞれの奨学金の情報もまとめました。

各項目ではその国の紹介、留学のメリット、留学でかかる費用、奨学金の情報、大学の一覧を書きました🐼

この記事の信頼性

参考にしているデータはEU Commission とそれぞれの国が運営している公式サイトや大学の公式サイトです。

コンテンツ

【2020】ヨーロッパ大学院進学でおすすめな学費/費用が安い大学と奨学金を紹介【6カ国ガイド】

留学生でも学費が完全に無料な北欧/ヨーロッパの国は2020年4月時点で、ノルウェーとチェコ(チェコ語の場合のみ)だけです。

しかし、ヨーロッパの大学院でも学費がアメリカやイギリスと比べたら安く済む国もありますし、生活費も安く済んでしまう国もありますので、ヨーロッパ大学院に進学を考えている方は要チェックです🐼

私がピックアップした国は以下。

【完全に学費が無料】

  • チェコ
  • ノルウェー

【生活費も学費も安い】

  • ドイツ
  • ポーランド

【学費が比較的安い】

  • アイスランド
  • フランス

欧州の大学院で学費が完全に無料なチェコ共和国

チェコ共和国で留学するメリット

あの有名なアインシュタインはチェコにあるカレル大学(1348年設立)で教授をしていたのはご存知ですか?

600年以上に渡る高等教育の歴史があり、チェコ出身の著名人物としてフランツ・カフカ、「ドップラー効果」を発見した有名なクリスチャン・ドップラーもチェコに滞在していました🐼

他にも

  • 44,000人以上のinternational studentsが勉強していて英語のプログラムも豊富
  • 生活費が安い
  • ヨーロッパのど真ん中で、ポーランド、ドイツ、スロバキア、オーストリアに囲まれているので旅行がしやすい
  • プラハだと基本的に英語が通じる

という様なメリットがあります。

Right Caption
サクライパンダ
私は2018年9月~12月にUniversity of New York in Pragueというプラハにある大学に留学していたよ!本当に様々な国からの人がいて、ヨーロッパ中に友達ができたし、プラハのビールや食べ物は最高に美味しい!!

チェコの大学院でかかる費用

チェコの大学院はチェコ語であれば、大学の学費は誰でも無料!

他にかかってしまう費用としては

  • 入学手続きの管理のための手数料
  • 設定された制限を超えて学習期間を延長するための料金
  • 外国語での授業料

その他に

生活費:月平均350 to 750 USD 

家賃:学生寮→約150米ドル/月

アパートの個室→約250ドル/月

プライベートフラット:約450米ドル/月

国際学生証発行ISICは日本で発行すると1800円

健康保険:会社によって異なります。私が利用したSlaviaは年間で約4万2800円でした。

チェコ留学のための奨学金

以下のリンクからInternational Studentsでも奨学金が申請できます。

チェコの有名大学一覧

チェコの大学院を修了するには1~3年かかります。

チェコ留学については以下の記事を参考に🐼

欧州の大学院で学費が完全に無料なノルウェー

ノルウェーで留学するメリット

ノルウェーはチェコと違って英語での授業であっても学費が無料です!

ノルウェーはあのムンクの叫びが展示されている国立博物館があったり、フィヨルドやオーロラ等がみられる自然豊かな国として有名ですよね🐼電車でスウェーデンやフィンランドにも行けます!

  • 治安が良い
  • 教育レベルが高い
  • ノルウェー語が公用語だが英語が通じる
  • 日本人が少ない(デメリットと捉える人もいます)
  • 小学校~大学も公立校は留学生でも授業料が無料

という様なメリットがあります。

ノルウェーの大学院でかかる費用

学費に関しては本当にゼロ!!

大学院生には約30〜60ユーロの少額の学期費(semester fee)がかかる場合がありますが、これによって大学の学生福祉組織へのメンバーシップが付与され、公共交通機関の割引料金など、さまざまな関連特典が提供されます。

他にかかる費用として以下が挙げられます。

・生活費

オスロ:1,200 – 2,000 EUR
ベルゲン:1,100 – 1,800 EUR
トロムソとトロンハイム:1,000-1,600 EUR

・家賃-月に平均300 – 700 EUR

・食費-月に平均250 – 400 EUR

・交通費

タクシー:開始価格は10ユーロと1.5ユーロ/キロメートル
自転車レンタル:12〜25ユーロ/日

ノルウェー留学のための奨学金

学費が無料といっても、ノルウェーは物価が高く、生活費が高いのでノルウェーの公式サイトで奨学金を探すことができます。

ノルウェーの有名大学一覧

生活費も学費も安いドイツ留学

ドイツで留学するメリット

物価が日本より安くて、ヨーロッパ周辺諸国に旅行もしやすく、クリマスマーケットや国際映画祭も開かれ、ビールやソーセージにプレッツェルで有名なドイツはヨーロッパの留学先としてとても有名ですね🐼

ヨーロッパで活版印刷を発明したヨハネス・グーテンベルク、聖学者のマルティン・ルター、音楽家のヨハン・セバスティアン・バッハやルートヴィッヒ・ヴァン・ベートーヴェン、哲学者のイマヌエル・カント、詩人のヨハン・ヴォルフガンク・ゲーテ、等々世界的な著名人が多いドイツ!

  • 世界で4番目に留学先として人気な国
  • 2018年のドイツの大学の学生の13%以上がinternational stundents
  • ドイツには約450の州認定大学があり、約17,500の学位プログラムがある
  • 生活費が比較的安く済む
  • ドイツの大学の学位は、世界中の雇用主から高く評価されている
  • 永住権がアメリカと比べたら取りやすい
  • ドイツ語が学べる

等のメリットがあります。

ドイツの大学院でかかる費用

学費はどこの大学を選ぶかによって異なり、無料の所もあれば学費がかかる所もあります。

学期費用:1学期につき平均250ユーロ ※大学によって異なります

家賃:平均323ユーロ/月

食費:約168ユーロ/月

健康保険:平均約80ユーロ~160ユーロ/月

どこに住むかによりますが合計の生活費は平均850ユーロ/月になります。

ドイツ留学のための奨学金

ドイツ留学をするための奨学金がInternational Studentsに向けてたくさんあります。

ドイツの有名大学一覧

生活費も学費も安いポーランド留学

ポーランドで留学するメリット

科学者で有名なキュリー夫人、音楽家のフレデリック・ショパン、天文学者のニコラウス・コペルニクスという世界的に有名な著名人を生み出しているポーランドは、物価が非常に安く、原生林もあり自然が豊かなポーランドは、ロシア料理やドイツ料理とも似ていて、美味しい食べ物が豊富です🐼

  • 教育の質が高い(高等教育の質の保証を担当するポーランドの主要機関は、ポーランド認定委員会、高等教育総評議会、およびポーランドの学部長会議です。)
  • 約400の大学で勉強する110万人以上の学生がいて、5000を超えるコースがあり、それぞれがポーランド認定委員会の承認を得てから開講されました
  • ヨーロッパ諸国へ旅行がしやすい

ポーランドの大学院でかかる費用

学部および修士プログラムの平均料金は、大学によって異なり年間2000〜4000ユーロです。

例えばWarsaw Universityだと修士号の費用は年間3000ユーロです。

家賃: 140~500ユーロ

交通費:10~20ユーロ

生活費:月に平均約400ユーロ

健康保険:ポーランド留学前に独自の国際医療保険に加入する。それか、国民健康基金(Narodowy Fundusz Zdrowia – NFZ)と任意保険契約に署名し、月額約15ユーロの保険料を支払う

ポーランド留学のための奨学金

ポーランドもInternational Studentsのために様々な奨学金プログラムを用意しています。

ポーランドの有名大学一覧

学費が比較的安いアイスランド留学

アイスランドで留学するメリット

30の火山があり、太陽が沈まない日がある白夜もあるアイスランドは、オーロラやブラックサンドビーチ、「黄金の滝」とも知られているグトルフォスの滝、地面から熱湯が吹き上がるゲイシール間欠泉、 ヨーロッパ最大の氷河「ヴァトナヨークトル氷河」、 等があることで有名ですね🐼

  • 高等教育機関のほとんどは、州または州の支援を受けている民間団体によって運営されています。 現在、約18000人の学生が高等教育システムに登録しており、そのうち約5%が留学生です。
  • アイスランドは北アメリカとユーラシアの構造プレートの間に位置し、「地熱エネルギー、火山活動、氷河」など、幅広い科学分野の研究に素晴らしい環境を提供しています。
  • 多くの生活の質の指標の上位にランクインしていて、識字率は世界で最も高いです。
  • アイスランド語が公用語だれけれど、英語が通じる
  • アイスランドの文化生活は非常に豊かで、毎週数え切れないほどの音楽イベントやアートギャラリーがあり、劇場やオペラもたくさんあります。
  • アイスランドの火山や間欠泉のおかげで、地熱源や水力発電から多くのエネルギーを利用しています。 実際、アイスランドのエネルギーの85%は、再生可能なエネルギー源から供給されています。

等があります。

アイスランドの大学院でかかる費用

アイスランドでは、修士課程の授業料が留学生でも無料ですが、年間約550ユーロの登録料を支払う必要があります。

アイスランドの物価や生活費は基本的に高い印象です。

家賃:各大学の近くに生徒のための寮があるため各大学に問い合わせてください、と公式サイトに書いてあります。通常の家賃は少なくとも7万5000円以上します。

食費:約3万7675円/月

交通費:約4500円

1学期にかかる教科書代:約3万円

生活費レイキャビク市の福祉課によると毎月約13万6千円するそうです。

アイスランド留学のための奨学金

アイスランドでも留学生のための奨学金が用意されています。

アイスランドの大学一覧

学費が比較的安いフランス留学

エッフェル塔にモナリザがあるルーブル美術館、ヴェルサイユ宮殿、フランスのシャンパーニュ地方で造られるスパークリングワインの「シャンパン」、ファッションの最先端地、自由の女神を設計したギュスターブ・エッフェル、建造したフレデリク・バトルディで有名なフランスも学費が留学生にも学費が比較的安いことで有名です。

  • 75の大学、220を超える工学部、150の経営学部、120の公立高等学校、20の建築学校、その他の3,000の専門機関や学校(ソーシャルワーク、医療専門職など) 観光、スポーツ、ファッション、デザインは、すべての学生の学問的および職業的目的に対応する教育プログラムが豊富にあります
  • 世界トップレベルの経済力
  • 高等教育の質の良さ
  • 公共交通費に学生割引がきいて、さらに学生証を提示するだけで、美術館や劇場、映画館、図書館も学生は無料で利用できます。
  • 450個あるフランス国内にある学生食堂を利用すれば3.25ユーロで食事が楽しめる
  • 予防医療と健康維持のための部署(SUMPPS)が各大学にあり、すべての学生がそこで医師の診察を受けたり、健康診断書を作ってもらったり、健康相談をしたりすることができ、避妊、検診、予防接種、栄養相談、心理ケアなど、いくつかの診療が無料。

フランスの大学院でかかる費用

EU/EEU以外の人がフランスで修士課程1年間またはエンジニアリングプログラムを学ぶ場合、年間3,770ユーロかかります。

これはフランス政府によって決められており、以下の条件に当てはまる人以外は年間3,770ユーロかかります

3,770ユーロかからない人

  • フランス政府助成金(bourse du gouvernementfrançais、BGF)を授与された学生。 これらを受けた人たちは入学金は払わなくてもいい。
  • 成績優秀という理由で出身国の大使館から与えられる免除を受ける学生。 彼らはフランスやEUの学生と同じ入学金を支払います。
     
  • フランスのホスト機関によって付与される完全または部分的な免除の恩恵を受ける学生。 MESRIに該当する公的機関は、プログラムに登録している学生の総摂取量の最大10%を免除することができます。
     
  • 入学金の支払いを完全または部分的に免除する国際協力協定または国際交換プログラムの範囲内でフランスに留学する学生。

他にかかる費用として

  • 生活費:パリと月平均1200~1800ユーロ
  • 学生寮:平均月200ユーロ(パリの場合400ユーロ)
  • アパート:月平均400~700ユーロ(パリの場合は800ユーロ)
  • 食費:月平均250~300ユーロ
  • 健康保険:月平均20~50ユーロ
  • 学生ビザ:99ユーロ

フランス留学のための奨学金

フランスでも様々な奨学金が用意されていて、Campus Franceで公開されています。

他にも下のボタンから他の数々の奨学金を探すことができます。

フランスの有名大学の一覧

まとめ

【完全に学費が無料】

  • チェコ
  • ノルウェー

【生活費も学費も安い】

  • ドイツ
  • ポーランド

【学費が比較的安い】

  • アイスランド
  • フランス

というわけでしたがどこの国もそれぞれ特有の魅力がありますね🐼

自分がしたい研究や専門が勉強できる所で留学するのがベストだと思います。

そして大学によって異なるので、大学のサイトのページをしっかり目を通し、奨学金の項目や入学条件等をチェックしましょう。

大学院に出願する際に英語力を証明するために必要となるテストとしてIELTSを求められる場合もあります。

日本語でIELTSのライティング対策はこの日本語の本が断トツにおすすめ。レビューをみるとこれでWritingが1.5も上がった人がいます!🐼

模擬テスト1回分が無料でついてきたり、 科目ごとの無料練習問題が掲載されているサイトの紹介もあります。

他にもこちらは、 IELTSの全セクションにわたって元試験管の視点から解説・アドバイスが載っているし、ライティング以外のセクションを勉強するのにおすすめ!🐼

そして留学中・海外渡航後に備えて英語力を強化したい方は、今なら無料体験できるUniversal Speakingがおすすめ🐼月額3000円からで海外からも日本からも24時間受講可能で、IELTSコースやTOEFLコースもあり、海外留学コースもあります!

初級から上級まで対応しており、 「日本人講師(バイリンガル講師)」「フィリピン人講師(ハーフネイティブ)」「カナダ人講師(ネイティブ講師)」 というバリエーションで講師を用意しています。

レッスン動画が録画され、その後復習もでき、自分の苦手な文法や発音も後で確認できます。

Right Caption
サクライパンダ
通学して月に10万円以上払うよりも、質の良い講師にマンツーマンで月に1万円程かけた方が効率もコスパも良いですね

毎日授業を受けない人ならUniversal Speakingがおすすめです。

Universal Speakingで英語を学ぶ

逆に毎日授業を受けて短期間で英語力を挙げたい人は

予約不要24時間好きな時にレッスンできるネイティブキャンプがおすすめ!

現在7日間の無料体験キャンペーン実施中で、月額プレミアムプランは6480円、ファミリープランが月額1980円という授業を何回受けても定額!🐼

どちらのサービスも無料体験があるので、海外で生活する前に最低限の英語力を上げる必要があるので、こういったサービスを駆使することがおすすめです🐼

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

Principles of Finance 1の授業ノート公開!