言語切り替え

【保存版】UoPeopleに編入後の単位移行の手順・費用・交渉の仕方

UoPeopleに編入した際にどうやって単位移行の手続きを進めるのか、費用はいくらか、交渉の仕方などを経験者から聞きたい。

こんな疑問に答えます。

ピザはナスが入っているものが好物、サクライパンダです🐼

記事の信頼性

完全オンラインで学費無料のアメリカの大学「University of the People」在籍約1年半。正規のアメリカ・チェコ留学経験後にUoPeopleへ編入し、在籍した2つの大学からほぼ全ての単位移行に成功

この記事を読む事によってUoPeopleに単位移行をする時の手順や費用、注意点や私が実際にした交渉方法を紹介します🐼

YouTubeでも紹介したのでこちらも参考までに!

UoPeopleに編入後の単位移行の手続きの方法や交渉の仕方

日本の大学から単位移行をするのか、それともアメリカの大学から単位移行をするかによって手続きにかかる時間や費用が違います。

私の場合は既にアメリカとチェコにあるアメリカの大学で単位を取っていたので単位移行がスムーズでした🐼

単位移行をするためにはざっくり以下の手順を踏む必要があります🐼

  • Student PortalからAdmissionsを選択
  • 手順に沿って情報を入力する
  • 必須な書類を提出
  • 大学からの連絡がくる
  • 単位移行の費用を支払う

ステップ4の「大学からの連絡がくる」の時に、私は単位移行の交渉をしました🐼

なぜ単位移行をした方がいいのか?

まず初めになぜ単位移行をした方がいいのかという理由ですが、単純に単位移行を多くできればできるほど卒業までの期間が短くなります。

そして、UoPeopleでは1コース$120のAssessment Feeがかかりますが、単位移行の場合は1コース$17なので単位移行できた方が金銭的にもお得です🐼

どれくらい単位移行できる?

UoPeople

単位移行するにしても、上限が決まっていて

・Associate Degreeの場合は45までの履修単位

・Bachelor’s Degreeの場合は90までの履修単位

・Master’s Degreeの場合は18までの履修単位

が認められています。

単位移行できる条件

さらに、単位移行できる条件も設けられています🐼

・各コースの成績はC以上でないといけない

・各コースの内容は、UoPeopleのコースと同等の内容であること。あるいは、そのコースをUoPeopleの学位プログラムのelective creditとしても使用することができます。
・受講したコースは、認定機関のものでなければなりません。

UoPeople

↑の表がUoPeopleのグレード表です。

UoPeopleの修士ではないプログラムに関しては以下のような単位も認められているそうです。

・Advanced Placement (AP) credits
・College Level Examination Program (CLEP)
・International Baccalaureate (IB) credits
・American Council on Education (ACE) transcripts

私の場合、UoPeopleのコースとマッチしていないコースもありましたが、Elective Creditとして単位が認められたコースがあります🐼

単位移行にかかる費用

1コース$17かかります。

2020年11月から入学した人は1コース$100→$120のAssessment Feeに変わりましたが、単位移行に関しての料金は変わっていないそうです。

加えてもし、アメリカの大学からの単位移行でない場合は海外の評価機関が運営する審査を受ける必要があり、それをUoPeopleに送らなくてはいけないのでその手続きにかかる費用も加わります。

日本の大学から単位移行する場合は学校側に英語に翻訳した公式の成績証明書を得られるのか聞く必要があります。

UoPeopleのサイトで紹介されている海外の評価機関は以下です。

・World Education Services (WES)
• Foreign Credential Services of America (FCSA)
• International Education Research Foundation (IERF)

私の場合は他大学にも出願した際にWESを通してTranscript(英文)を送る必要がありました。

WESは対応が早かったですし、サイトもとても分かりやすいのでお勧めです🐼

そして評価した成績証明書を直接大学に送ってくれるので手間がかからないです。

WESのサイトを見ると$210~$245かかりますね。

ちなみに私は海外で支払いをする時はエポスカードだけで支払いをしていて、UoPeopleの学費に関しても全てエポスカードで支払いをしています🐼

単位移行できないコース

Online Education Strategies (UNIV 1001)はUoPeople生徒全員が取らなくてはいけないコースとなっており、

UoPeopleのコースを取り始める前にこのコースを取ってUoPeopleでのオンライン学習の仕方を学ぶ必要があります🐼

また、英語力の証明ができない場合はEnglish Composition 1を取らないといけないです。

単位移行の交渉方法

私の場合、単位移行されたけれども、コースの内容とマッチしていないUoPeopleのコースに単位移行されていて、逆に既に習った内容のコースを取らなくてはいけないシチュエーションになってしまいました。

既に取った内容のコースをまた取るのは時間の無駄なので、

私は以前の大学で取ったコースのシラバスの写真をメールに添付して、UoPeopleのコース内容と照らし合わせて説明した内容をメールで大学に送りました🐼

私の場合はそのメールを送った日に返事が返ってきましたが、人によってはこの段階で時間がかかる可能性もあります。

単位移行に関する大学の連絡先

単位移行に関する手続きは全て The Transfer Credit Officeが手続きを進めてくれます🐼

質問をする前は、UoPeopleのTransfer Creditに関するページを確認してから質問してみて下さいね。

Transferring Credit to UoPeople

Transferring Credits Q&A

連絡先

The Transfer Credit Office (Transfer.Credit@UoPeople.edu)

まとめ

編入の大まかな流れは

  • Student PortalからAdmissionsを選択
  • 手順に沿って情報を入力する
  • 必須な書類を提出
  • 大学からの連絡がくる
  • 単位移行の費用を支払う

これまでに編入手続きに関する条件や費用、私がどのようにして単位移行の交渉を進めたのか紹介しました🐼

他にUoPeopleに関する情報は以下を参考にしてください🐼