言語切り替え

UoPeople入学の英語力証明がDuolingoでできる?練習テストを受けてみた

2020年8月18日

夏なのに冷房利かせて冬のパジャマで何日も過ごしているサクライパンダです🐼

Twitterでずっと発表していなかったのですが、今回発表致します!

9月にイタリアへ約2ヶ月間渡航する予定になりました🐼渡航している間もUoPeopleのコースは取り続けるので、また違う国で勉強することになります!

記事の内容

・UoPeople入学のための英語力の証明方法
・Duolingoの英語練習テストを受けてみた感想

UoPeople入学の英語証明がDuolingoでできる?練習テストを受けてみた

YouTubeで視聴者さんから英語力の証明について質問があったので、確認のため大学のページを覗いてみると前には見かけなかった項目が!

なんと「Duolingo English Proficiency Test」と書かれているではありませんか('O’*)

ソース: University of the People

しかもスコアが50! 受けたことも調べたこともなかったのでとりあえず調べて練習テストがあったので気軽に緊張せず受けてみました🐼

追記:ブログ読者様から必要スコアが変わっていると連絡を頂き、ソース元にいくと分かるのですが、2020年8月18日現在ですとUndergraduateが95、Graduateが100のスコアが必要と書いてあります🐼 (連絡本当にありがとうございます!)

UoPeople入学のための英語力の証明方法

まずUoPeopleに入学するために必要となる英語力ですが、私の様にアメリカ大学から編入という場合か、

「英語を母国語とする教育機関の卒業証書/成績証明書」を提出できないと英語力の証明ができないです。

詳しい条件はここのサイトに書いてあるのでご確認を!🐼

それ以外の方法だと以下の方法があります。

UoPeople独自の英語コースで勉強し、最終試験に受かる
・指定されている英語テストのスコアを満たし大学に証明書等を提出する

上の画像に書いてある通り様々な英語テスト(英検も!)も認められるので柔軟な対応をしてくれますね。

Duolingoの英語練習テストを受けてみた感想

とりあえずDuolingoのサイトにいき、「TAKE A TEST」をクリックして、練習テストをすぐに受けてみました🐼スコアは良い方。

所要時間は約15分。スペルの穴埋め問題や、実際に自分でマイクでスピーキングしたり、Writing要素として短いエッセーも書きましたが、IELTSの様な緊張感は全くなし(笑)

練習テストは無料ですが、証明書がもらえる本番のテストの料金は$49だけ!!!

本番のテストの利点をまとめるとざっとこんな感じです🐼

・料金:$49
・時間:60分
・オンラインで受験可能
・必要な物:パソコン(サポートされているブラウザ、前面カメラ、マイクが使用可能、スピーカー)、身分証明書(パスポート、免許証等)
・静かでインターネットが接続できる環境
・テストの結果は直接大学に無料で送ってくれる
・テストの結果は48時間以内に入手可能ですぐに誰とでも共有できる

もし本当に練習テストの様な問題構成でリラックスした環境の家で英語のテストを受けられるなら絶対にDuolingoがおすすめです!!🐼

オンラインの素晴らしい要素満載ですね!素晴らしいDuolingo!!!

気になる方は是非練習テストを受けてみてください🐼

尚Duolingoでも英語のスピーキングテストの時はIELTSの時と違って人に向かって話すのではなく、

パソコンに向かって話すので、普段より遅く英語を話してしまいとても緊張しました。。。

私がTOEFLではなくて、アメリカ留学に行くのにIELTSを受けたのも理由がこのスピーキングのセクションなんですよね。

TOFELだとパソコンに向かって喋るし、周りの人が一気に喋りだすから自分が何を喋っているのか分からなくなったので、スピーキングで高得点を狙うためにIELTSを受けました🐼

↓のオンライン英会話であれば無料で7日間レッスンが受けられるので、一応人と話しますが、オンラインでパソコンに向かって喋る練習ができると思います🐼

実際に私も無料体験を試した記事があるのでよければこちらも参考に🐼

いつも応援してくださっているブログ読者・YouTube視聴者のみなさん、応援のメッセージやコメントありがとうございます!

これからもマイペースですが、私なりに情報発信をしていくのでこれからも宜しくお願いいたします🐼

Principles of Finance 1の授業ノート公開!