言語切り替え

UoPeopleがハーバードビジネススクールオンラインと提携!COReの認定が受けられる

2021年2月27日

コーヒーは1日2杯、サクライパンダです🐼

昨夜こんな嬉しいニュースが舞い込んできました!

UoPeopleがハーバード・ビジネス・スクール・オンライン(HBSオンライン)との提携により、UoPeopleの学生はCollaborating Collegesプログラムを通じて、HBSオンラインのコースを受講することができるようになります!

これによりUoPeopleの学位取得のための単位取得に役立つCredential of Readiness (CORe)の認定を受けることができます。

ハーバードビジネススクールオンラインプログラムとは?

HBS

UoPeopleの生徒がこのCredential of Readiness (CORe)に登録し、必要に応じて奨学金を受けることができます🐼

COReのコースは以下の3つのコースで成り立っています。

・Economics for Managers

・Financial Accounting

・Business Analytics

COReプログラムのシラバスはこちら。

コースを修了すると、参加者にはHBSオンラインのクレデンシャル・オブ・レディネス(Credential of Readiness)が授与され、UoPeopleの学位取得のための単位として認められようになります🐼

コースの期間は10-12週間で、1週間に12-15時間の学習時間が推薦されています。

Extended COReというコースもあるそうで、こちらのコースを受けられるのか定かではないですが、17週間によるコースで1週間に8-10時間の学習時間が推薦されています。

このプログラムは計3時間におよぶFinal Examがコースの終わりにあり、決められた期間内に自分の都合の良い時間帯に試験を受けることができます。

試験は対面によるものか、ProctorUのようなオンラインプロクター試験によって行われる可能性があり、詳細が決まり次第連絡がいくそうです。

試験の内容に関しては選択式(Multiple-choice)で教科書を見てはいけない(closed-book assessment)、UoPeopleの通常の試験と変わりありません。

試験は3つのパート(Business Analytics, Economics for ManagersとFinancial Accounting)に分かれており、各セクションを完了するために60分が与えられます。

3つの試験セクションにはそれぞれ45問の問題が出題され、そのほとんどは複数選択する問題もしくは選択式となります。

試験は好きな順番で受けることができ、一度にすべてのセクションを完了する必要はありません。

ただし、セクションを開始するとタイマーが開始され、その時間内に解けた問題数に基づいて評定されます。

試験の終了時には、スコアは付与されず、試験終了後に、試験、モジュール小テスト、および参加状況に基づいて最終評点が計算されます。

CORe クレデンシャルを取得するためには、3 つのコースすべての試験に合格する必要があります。

無事にCOReのコースを修了するためには以下の条件があります。

・記載された期限までにすべての課題を提出すること

・Final Exam(最終試験)で合格点を得て、各モジュールの小テストをや復習等を通じて授業に十分に参加すること。

どのようなメリットがある?

このCOReの認定を受ける事によってUndergraduateのプログラムにいる人、大学院やMBAを視野に入れている人、キャリアアップにも役立ちます。

・大学生や新卒の人が周りとの差別化を図るため

・大学院やMBAのための準備

・組織に付加価値を加えビジネスをより深いレベルで理解しキャリアアップするため

HBSのCOReプログラムの費用は?

通常の生徒がCOReのプログラムを受講すると$2,250かかりますが、以下のUoPeopleのページをみるとUoPeopleの生徒は奨学金を得られると記載されています。(こちら確認を取ってみます)

UoPeople undergraduate students can enroll in and receive need-based scholarships for HBS Online’s flagship program the Credential of Readiness (CORe), a three-course primer in the fundamentals of business. The three courses are Economics for Managers, Financial Accounting, and Business Analytics. Upon successful completion, participants will receive an HBS Online Credential of Readiness and can earn academic credits toward their UoPeople degree.

University of the People

もし、奨学金を得られる場合、日本人の場合は以下の奨学金を得られる可能性があります。

そして、UoPeopleはHBSと提携することが決定したので、これらの奨学金に加えて、さらに追加で奨学金が得られるとHBSのサイトに記載されています。

追記(2021年2月): 大学から連絡がきたのですが、このコースの受講資格があるUoPeopleの生徒であれば$450をHBSに直接支払う必要があるそうです🐼

さらに奨学金がもらえる生徒は大学から連絡がくるそうで、基本的にこの奨学金は先着順だそうです。

もともとのコースの金額が$2250なので、$450は破格の価格ですね!🐼

受講する条件は?

このプログラムを受講するためには以下のコースを+B以上取らないといけないです🐼

・MATH 1201 College Algebra

・MATH 1208 Introduction to Statistics

その他にも以下の条件があります。

・Undergraduateの学部生であること

・UoPeopleで卒業に必要な12科目以上(credit-bearing courses)を修了していること

・CGPAが3.0以上であること。

・学生の記録に違反行為等の記録がないこと

実はこのプログラムが発表された当初は私のプログラムアドバイザーにこのプログラムを受講する資格があると言われましたが、1週間後に私には受講する資格がないとメールで連絡をもらいました。

私の場合は編入生なので、上記の2コースは他大学から単位移行をしていたため、「UoPeopleで取ったコースではないから」という理由で受講資格がなかったそうです。

現時点(2021年2月)では単位移行したコースは認められないそうですが、今後それは変わる可能性があるそうです。

まとめ

UoPeopleがハーバード・ビジネス・スクール・オンライン(HBSオンライン)との提携により、UoPeopleの学生はCollaborating Collegesプログラムを通じて、HBSオンラインのコースを受講することができるようになり、単位取得に役立ち、より深いビジネスの知識を得られることができます🐼

昨年はUoPeopleのサイトがアラブ語でも表示されるようになったり、今年はStudent Portalが見やすく新しくなったりと、毎年より洗練された大学として着実に前進しています🐼

今年は他にどんな嬉しいニュースがまた飛び込んでくるのか楽しみですね!

サクライパンダを応援する↓

ココナラ

経験者が留学相談やリアルな体験談を共有します アメリカ・チェコ・フランスオペア留学・UoPeopleの相談