言語切り替え

学費無料アメリカオンライン大学に0円で模擬入学|勉強方法【UoPeople】

2021年1月21日

アメリカの学費無料オンライン大学UoPeople入学に興味があるけど勉強に追いつけるか分からない。UoPeopleで勉強する体験をしてみたい。

こんな悩みに答えます🐼

最近バジル栽培を始めようかと思っているサクライパンダです🐼

この記事では0円で模擬入学する方法を紹介します!

2020年3月4日現在、コロナウィルスで学校が中国やイタリア日本で休校になり始め現在オンライン学習が注目されています!

記事の信頼性

完全オンラインで学費無料のアメリカの大学「University of the People」在籍約1年半(2021年1月時点)。正規のアメリカ・チェコ留学経験後にUoPeopleへ編入し、フランスオペア留学を併行。

この記事を読む事で、UoPeopleの教材の内容や実際に入学した時にどのように勉強を進めていくのか、イメージが掴めます🐼

学費無料アメリカオンライン大学に0円で模擬入学|勉強方法【UoPeople】

今回紹介するUniversity of the Peopleは学費が無料で認可のアメリカのオンライン大学です。

認可というのは簡単に言うとカリフォルニア州からオンライン大学として認められているアメリカ大学であり、UoPeopleで取得した単位を他の大学へ単位移行が認められているし、他大学からの編入も可能ということです。

この記事の方法は

学士はいらないけれど、大学で実際に使っている教科書や教材をオンラインで無料で読むことができ独学で教材を使って学ぶ方法です。

UoPeopleではAssociate Degree(約2年)、Bachelor’s Degree(約4年)、そしてMaster’s Degreeが取得できます。

詳しい内容は以下の記事を参考に🐼

UoPeopleの教材について

UoPeopleの創立者、Shai Reshefさんは誰にとっても高等教育は無料で受けられるべきだと考え、教科書は全てオープンソース(誰でも閲覧可能)の物を使っています。

※一部の教材はUoPeople生徒だけが閲覧できるものもあります。

尚、大学の授業は完全にオンラインで行われ動画による講義は一切なく(2021年1月時点)、

UoPeople現役生徒であり既に本土のアメリカ大学とプラハにあるアメリカ大学に通った私の意見としては

教科書の質は他のアメリカ大学と変わりません(むしろUoPeopleの方が実践的)

↓のリンクに各コースのシラバスと教材が載っています。

https://my.uopeople.edu/mod/book/view.php?id=45606

実際にUoPeopleに入学すると

・Writing Center (英語のエッセーについての細かい質問やアドバイスがUoPeopleの講師によって受けられます)

・Library (大学の論文を書く際に必要となる参考文献、他大学の研究論文が閲覧できます)

・Microsoft Officeが無料で使える!!(WordやPower PointやExcel等!これは本当にでかい!!)

などの利用ができます🐼

詳しいメリットは以下の記事を参考に🐼

在学中に駆使しているそれ以外の教材

UoPeopleでは教授が動画で講義をするというスタイルではなく、「自分で教科書を読み、与えられた課題を英語でこなしていく」という形の勉強スタイルとなるので、ほぼ独学です。

与えられる課題は以下の4つ。

・Reading Assignment

・Discussion Forum

・Written Assignment

・Learning Journal

基本的にReading Assignmentを読み、Discussion Forumでクラスメートとディスカッションを行い、

Written Assignment(エッセー)を提出、

最後にLearning Journalで教授から出される課題に答えたり、その週の勉強の復習や今悩んでいることなどを書きます。

「Discussion Forum」では、課題を投稿しクラスメートと評価し合う場になり、このDiscussion内で教授やクラスメートと交流できます。

他にも「Yammar」というUoPeople生徒専用のFacebookの様なプラットフォームだと他の生徒と交流できてWhatsappを交換したり、Facebook グループページでも交流できます。

基本的にはReading Assignmentをもとに課題をこなしていきますが、

エッセーの質を高めるために自分で学校のオンラインのライブラリーやGoogle検索でリサーチしていく必要があります。

その際に参考にしているサイトが以下🐼

Khan Academy

無料の動画でめちゃめちゃ分かりやすくて短く丁寧に講義をしてくれます。

どのコースでも、それに見合ったトピックの動画絶対にあるので、教科書を読んでも分からない時に観ています。

このサイトがなかったらA取れなかった🐼

Investopedia

私の専攻はBusiness Administration(経営学)なので、ファイナンス関係の課題の時にこのサイトを駆使していました。

ファイナンス系の記事も更新していて、ファイナンスで使われる難しい単語を簡潔に分かりやすく説明している記事も非常に多く、具体的な例とともに紹介しているのでとても参考になります。

Business Insider

ビジネス系のコースを取っている時にここのサイトを参考文献にすることが多かったです。

ビジネス系のニュースを紹介しているサイトで、数字やグラフのデータ元も出しているので、どの様な情報を基に記事が書かれているのかよく分かります。

Purdue Online Writing Lab

英語でエッセーを書く時は大抵「MLA」か「APA」というスタイルでエッセーを書かないといけないのですが、UoPeopleでは「APAスタイル」でエッセーを書かなければいけません。

APAスタイルだとルールがたくさんあるので、迷ってしまった時はこのサイトを参考に、エッセーを書いています。

色々なアメリカの大学でこのサイトを参考にするように教授から指示が出ているので、大変信頼性が高いです。

UoPeopleでの勉強方法

まとめると

①教授から課題が出される

②課題の種類は「Reading Assignment」「Discussion」、「Written Assignment」、「Learning Journal」の4つ

③これらの課題をこなすのに、オープンソースの教科書を読んだり、教授から推薦されたサイトを参考にしたり、自分でググったり、↑で紹介したuoPeople以外の教材を使って自分で独学

という勉強の流れになります。

自分で勉強していくスタイルなので学ぶことは何百トンもあります(笑)

UoPeopleに入学しないで勉強する方法

まずは自分の専攻のシラバスをみます。↓

https://www.uopeople.edu/about/uopeople/essential-uopeople-documents/university-catalog/

Undergraduteは学士、Graduateは修士です。

シラバスにそれぞれの学士を得るために必須な教科が載っているので、そのコースの教科書を

オープンソースの教科書が載っているサイトで確認し、自分のペースで勉強していく。

そして、教科書だけでは分からない部分は↑で紹介したUoPeople以外の教材のページから学ぶ。

こうすれば完全に独学スタイルで、無料で大学の内容を勉強することができます🐼

UoPeopleに入学して勉強するメリット

独学で勉強せずにUoPeopleに入学して得られるメリットとして

  • 認可のアメリカの大学の学位がもらえる
  • クラスメートや教授のサポートを得られる
  • YammarやFacebookグループページでUopeople生徒同士のコネクションが作れる
  • 一応お金を払うので簡単に辞めない(卒業するまでに60万以下です)

UoPoepleに入学してかかる実際の費用の詳細やこの大学の詳細はこちらから🐼

UoPeopleで勉強する難易度を知りたい方はこの記事へ🐼

課題の内容やクラスメートがどういう人達か知りたい人はこちらの記事へ🐼

実際に私が受けたコースの感想や内容が知りたい方はこちらの記事へ🐼

この記事ではオンラインの試験監督付きで期末試験を受けた内容です🐼

UoPeopleに入学する方法

入学条件や必要な書類は↓の記事にまとめたので参考に🐼

UoPeopleに入学する手続きはとても簡単で、↓の記事で説明しています。

まとめ:UoPoepleに入学した方が良い?

アメリカの学士はいらないし、自分で独学したい人はこの記事で紹介した様に

  1. シラバスで自分の専攻のコースを確認
  2. オープンソースの教科書を読んで理解する
  3. 教科書を読んで分からなければ、この記事で紹介したサイト等を参考に理解を深める

また、UoPoepleは完全オンライン学習なため、スピーキング力は上がりません。

よって、↓の様な英会話サービスを駆使することでカバーできます。

7日間無料トライアルがあるので無料期間中だけも試すのもありですね🐼

ネイティブ講師が良い!と決まっている方は↓がおすすめです🐼

高学歴欧米ネイティブ講師が指導!オンライン英会話ボストン倶楽部

もし、

「60万円以下でアメリカの学位が欲しい」、

「オンライン学習でプライベートな生活も確保したい」、

「もう一度大学で学びたい」、

「既にある大学の単位(日本や海外)を移行して学費を節約したい」、

「UoPeopleで1年か2年勉強して単位を安く取得してから、正規の留学で海外の大学へ進学したい」という方でしたらUoPeopleに入学をおすすめします!🐼

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村