言語切り替え

UoPeopleで就職に役立つネットワーキングコース【誰でも取れる】

こんにちは、最近Diorのj’adoreの香水がお気に入りなサクライパンダです🐼

UoPeopleのBusiness Administrationの学士過程が上手くいけば残り9ヶ月で終わります。

まだ自分のキャリアについては決まっていませんが、就職・修士課程、どの道を進むにしても役立つ「CSC 104: Networking Strategies」というコースを取ることにしました。

これからこのコースを取りたいと考えている方、UoPeopleで勉強してから就職活動をするために役に立つコースについて知りたい方は記事を一読して頂けると参考になると思います🐼

UoPeopleで就職に役立つネットワーキングコース

このコースは他の9週間のコースと違い、4週間に渡るコースでNon-credit course、つまり単位には加算されません。

自分の成績(GPA)にも影響を及ぼさないから、気軽に取る事ができるので全員取ってみた方がいいです!

メールによると、コースが取れるかどうかは早い者勝ちなので、メールを受信したらすぐに返信する事をお勧めします!!(私は少し返信が遅れてしまい、希望のコースが取れませんでした)

学べる内容は以下の3つです。

・効果的なネットワーキングの構築方法
・Informational Interviews
・オンラインプレゼンス

通常あるLearning Journalや Writing Assignmentはなく、Reading AssignmentとDiscussion Forumでの投稿するに加え、3人のクラスメイトの投稿の返信が毎週の課題です。

修士課程の人が取れるかは分かりませんが、学士過程の人は専攻に関係なく取れるコースです。

実際に取ってみた感想は?

クラスの規模とコースの長さ

結論、役に立ったと思いますし、もっと早くに取っておけば良かったなと思いました。

まず、早い者勝ちとはいえ、まさか自分の希望していたコースが取れなかったのは予想外でした。

自分の今入っているコースでも43人もいます。

通常のクラスだと8人~20人くらいなので、Discussion Forumはスクロールが長いです笑

そして、もう既に9週間のコースを取る事に慣れている方にとっては、とても短いコースだなと感じると思います。

大体普通のコースではWeek 3でGraded Quizが出るのでそのテストを乗り越えた後に「もう終わるのかー!」という感覚です🐼(生徒じゃないと分からない感覚ですね笑)

学んだ内容

学んだ内容としては既に知っている内容と知らない内容、両方がありました。

1周目に習った、「Elevator Pitch」については1番最初に在籍していたアメリカ大学のキャリアセンターで学んでいたので、実践した事がありましたが、このコースの1週目でもう一度実践するアクティビティがあり、改めてElevator Pitchの重要性に気がつきました。

他の生徒のElevator PitchをDiscussion Forumで見ることもでき、「あー、皆んなこういうふうに自分の事をアピールしていたんだ」と新しい気づきを得る面白い体験もしましたよ🐼

Discussion Forumを見る事によって、何が「良い」Elevator Pitchなのか、どんな文章が「悪い」Elevator Pitchなのかはっきり分かりますね。

2週目では具体的にどのようにネットワーキングを構築するのかという内容で、改めて自分が属しているコミュニティーや、今持っているネットワークについてビジュアル化する事ができたので、「ネットワーキングの重要性」について思い知り、「新たなネットワーキングの可能性」について見出す事ができました。

3週目ではUoPeopleならではのオンラインプレゼンスについての内容でした。Social Mediaを使ってどのように自分の存在をオンラインで構築するのか、LinkedInのプロフィールの作り方・活用方法について知ることができ、もう1度自分のLinkedInの使い方について学べますよ🐼

最後の4週目ではアメリカ特有のInformative Interviewsについての内容でした。

Informative Interviewsというのはアメリカにある就職のための面接ではなく、自分が興味のある業界や企業で働いている人から情報収集する事を目的としたインタビューだそうです。

これに関しては私は知らなかったので「私だったらLinkedInを使ってこれが実践できるな」と新しい気づきがあり、Reading Assignmentでは具体的にどのような質問をしていけば良いのか戦略方法を学ぶことができました。

これからこのコースを取る人へのアドバイス

まずはメールに早く返信すること🐼

記事の初めに述べたように、早い者勝ちなので一定数を超えるとコースを受講する事ができません。

メールがきて、どのコースを取ろうか迷っている場合、まずは4週間のコースを取ってみて雰囲気を掴んでみてはいかがでしょうか。

時間がない人は、Reading Assignmentだけを自分で行いDiscussion Forumはスキップするのも選択肢ですね。

しかし、1番効果的にコースの内容を習得するにはやはりReading Assignmentを読み、Discussion Forumでアウトプットするのが良いですよ🐼

Discussion Forumは人数が多い分、たくさんの人の内容を見ることができるし、初めの方に投稿すればものすごい数の人からフィードバックを受けることができます笑

他のキャリアコースは?

正式にUoPeopleの生徒になってから在籍している間に、次のTermになる前のタイミングで大学側から「Career Development Courses Registration」というタイトルのメールが届きます。

生徒のUoPeople卒業後に役立つキャリアに関するコースの案内ですね。

以下の4つのコースを選ぶことができ、そのうちの1つが今回紹介しているネットワーキングのコースです。

・Fundamental Strategies for Career Success (8週間)
・Mini course “Building an Effective Resume" (4週間)
・Mini course “Interviewing Skills" (4週間)
・Mini course “Networking" (4週間)

今まで何回もこのInvitationメールをもらったのですが、いつも仕事との両立で2コース取るのが精一杯で取ることはありませんでしたが、コロナの影響で仕事のシフトが減り時間の余裕が生まれると思ったので今学期は取る事にしました🐼

一応他のコースの説明を簡潔にしますね。

Fundamental Strategies for Career Success (8週間)

唯一8週間のコースで、キャリアプランニングとマネジメントの基本的な知識を定着させることを目的とした総合的なキャリア開発コースとなっています。

・キャリアプランニングと目標設定
・履歴書とカバーレターの書き方
・求人・インターンシップ検索
・ネットワーキング
・面接のテクニック

Mini course “Building an Effective Resume" (4週間)

このコースでは、以下のようなプロフェッショナルな履歴書の書き方に焦点を当てています。

・履歴書のフォーマット
・アクションワードと実績
・履歴書の書き方と注意点
・履歴書レビューとフィードバック

Mini course “Interviewing Skills" (4週間)

このコースでは以下のような面接スキルに重点を置いて学習します。

・面接の準備
・面接のテクニック
・面接のポイントと注意点
・面接後のアクション

まとめ

CSC 104: Networking Strategiesというキャリアに関するコースをUoPeopleで取ってみましたが、さすがはUoPeople, Reading assignmentの記事はとても役に立つ物が多かったです。

これから卒業までに残り9ヶ月なので毎termでキャリアコースを取ってみようかと思います🐼

UoPeopleのコースだけではなく、就職やキャリアアップに役立つ必要なスキルを今注目のUdemyで学ぶのも良いですね。

ジャンルが豊富なので私もUdemyの講座を受講してみたいと考えています🐼